鈴鹿サーキット、立体交差(G席)からの見え方紹介

G席は下の図のように、デグナーからヘアピンまでの110Rと西ストレート先の130Rまでといった2つのエリアを観戦する事ができます。
G席の拡大図

G席は、最上段でも金網越しの観戦になるので、金網が気になる方にはオススメできません。
また、このエリアはオーバーテイクゾーンではないため、バトルが見たい方にもオススメできません。
ただ、130Rは超高速コーナーのため、クラッシュやスピンなどのアクシデントが発生しやすい場所です。
G席でも130Rが見える側で観戦すれば、なんらかの楽しみを味わう事ができるかもしれませんね。

ちなみに、F1開催時は大人1人9,000円という格安料金で観戦する事ができます!

G席からの景観はこんな感じになります↓
この画像はG席の130R側、Cエリアの7列目1席付近から撮影したものです。
鈴鹿サーキット、G席Cエリアからの見え方
鈴鹿サーキット、G席Cエリアからの見え方
鈴鹿サーキット、G席Cエリアからの見え方

この画像もG席の130R側、Fエリアの7列目1席付近から撮影したものです。
鈴鹿サーキット、G席Fエリアからの見え方
鈴鹿サーキット、G席Fエリアからの見え方
鈴鹿サーキット、G席Fエリアからの見え方
CエリアとFエリアからの見え方を掲載しましたが、差はほとんどありませんね。
迷ったらどちらでもよいでしょう。
また、デグナーからヘアピンまでの110R側の画像は準備中です。
次回観戦時に撮影予定なので更新をお楽しみに!