レース観戦の服装アドバイス

初めてレース観戦に行く方は、どんな服装で行けばいいか迷ってしまうと思います。
そんな方向けに、レースを快適に観戦できる服装アドバイスを作成してみました!
参考にして頂ければ幸いです。

サーキット内は、基本的に徒歩移動です。
特に女性の方はおしゃれを考えず、軽いハイキングに行くような服装(長そで、長ズボン、履きなれた運動靴)が本当に本当におすすめです。

また、夏場でも雨の心配がある場合は寒さ対策をしましょう。
サーキットの多くは山間に建設されています。
山の天気は変わりやすく、急な雨風により夏場でも寒くなることがあります。
暑くなったら脱げばいいだけですが、寒くなって着る服がないとどうしようもないですからね。

項目アドバイス
帽子

熱中症や日焼け対策に帽子は必須です。
特に女性の方は、つばの大きな帽子をオススメします。

上着

冬の時期は暖かい上着を。
しかし、夏の時期でも雨予報が出ていたら、上着を持参しましょう。
雨上がりの曇り空で強い風が吹くと、夏場でも寒いです。(特に富士スピードウェイ)

シャツ

冬の時期は暖かい長そでを。
夏場は上着を持参なら半袖でも構いません。
しかし、日焼けや虫刺されが気になる方は、薄い長そでが無難です。
また、雨予報が出ていたら薄い長そでの方がよいでしょう。

ズボン

長ズボンや半ズボンどちらでも構いません。
ただし、日焼けや虫刺されが気になる方は長ズボンが無難です。
長ズボンなら日焼け止めを塗る手間もはぶけますしね。

サーキット内は、基本的に徒歩移動です。
上り・下り坂があるサーキット内を沢山歩くことになるので、履きなれたスニーカーや運動しやすい靴を履きましょう。
特に女性の方は、ヒールやブーツはやめておいた方が無難です。

アクセサリー類

ネックレスなどのアクセサリー類は外しておいた方が無難です。
汗などで汚れますし、日焼け止めで変色する事があります。