2017年6月25日、富士チャンピオンレース第3戦の観戦レポート@富士スピードウェイ

今回のチャンピオンレースは土日の2日間開催でしたが、私は日曜日に観戦!
当日は時折小雨降る中の観戦となりましたが、十分楽しむ事ができました。早速レースや場内の様子を紹介していきます。

富士スピードウェイに到着!朝一の様子

当日は朝からあいにくの雨!
雨にも構わず高速道路を法定速度でかっ飛ばし(笑)、無事富士スピードウェイに到着。7時35分くらいに入場ゲートに到着しましたが、全く混んでいなく待ち時間0分で入場する事ができました。

そして、そのままお目当ての1コーナーに向かうも、こちらは誰もいなく私が一番乗り(笑)
とにかくガラガラです。雨なので、皆さんは屋根が付いているグランドスタンドに向かわれたのでしょう。本日最初のセッションまで時間があるので、車内で少し仮眠をとることにしました。

予選とポルシェGT3カップの決勝

午前8時くらいになると雨は止みましたが、路面はフルウェット。
雨の富士スピードウェイ
そんな中、本日最初の走行セッションであるチャレンジカップジャパンの予選が始まりました。チャレンジカップジャパンは主にフェラーリやポルシェといったスーパーカーがレースをするレースで、この日はミニクーパーもエントリーしていました。
ミニクーパー
予選はフルウェットという難しいコンディションで行われたため、クラッシュこそないもののスピンやコースオフが多発。

続いて86、BRZ、ロードスターN1クラスの予選が行われ、その後はロータスカップの予選が行われました。しかし、路面は相変わらずのフルウェット。クラッシュこそなかったものの、チャレンジカップジャパンの予選同様にコースオフやスピンが多発しました。そして最終的に、8号車に乗る長谷川選手がポールポジションを獲得!
ロータス
2位の新井選手とは0.071秒差なので、決勝は面白いレースが期待できそうです!

続いては、ポルシェGT3カップの決勝です!
今回はエントリー台数が7台しかなく、面白いレースが見れるか少し不安。しかし、レースがスタートすると、レース中盤にかけバトルやスピンが多発!
トップを走っている選手でさえコースオフするといった荒れた展開となりました。レース終盤は各車がほぼ単独走行といった状況となり、落ち着いた中レースが終了しました。優勝したのは21号車の銘苅翼選手!
ポルシェGT3
なんと開幕戦から4連勝です!!

続いては、レディースNo1レースの予選。レディースNo1レースとは、女性のみが参戦できる今年から始まった新しいレース。レース車両は、ロードスターやデミオ、ヴィッツのナンバー付き車両で、今回は20台以上のエントリーがありました。

レディースNo1レースの予選も相変わらずのウェットコンディションで、コースオフやスピンが多発。そんな中、87号車を操る山本選手がポールポジションを獲得!
ロードスター
2位の関崎選手とは0.2秒なので、決勝レースが楽しみです!

昼食はローストビーフ丼!

レディースNo1レースの後にはEVレースの予選がありましたが、この予選はパスして昼食をとることにしました。今回は、グランドスタンド裏のショッピングテラスにある「ハニーハウス」さんでローストビーフ丼を購入。お値段は1,300円と高めです。
ローストビーフ丼
値段がそれなりだったので、味にも期待が膨らみます!
しかし、肉には筋が多く、タレがかけ過ぎで正直あまり美味しくありませんでした(笑)
リピートはなしですね。

決勝レースレポート

ここからは決勝レースラッシュです!
本日2回目はスーパーカーによるチャレンジカップジャパンの決勝レース。こちらは、レース序盤に1コーナーで2台のフェラーリが接触しスピン!
その影響もあってか集団がバラケテしまい、レース後半は少し単調な展開となりました。最終的に8号車のフェラーリを操る切替選手が、2位と40秒という大差をつけ優勝しました!
フェラーリ

続いては86、BRZ、ロードスターN1の決勝レースです!
このレースで特にバトルが多かったのは、ロードスターN1クラス。レース序盤から終盤までずっと集団走行で、1コーナーでは3台横並びのバトルが何回も見る事ができました。10周という非常に短いレースでしたが大満足!
最終的には、99号車の86を操る吉田選手が総合優勝、熱いバトルを繰り広げていたロードスターN1クラスは、大野選手が優勝しました!

続いてはロータスカップの決勝です!
ロータスカップ決勝の時間帯になると、なんとここで小雨が降り始めます(笑)
しかし、路面をウェットコンディションに変えるほどの雨ではなかったので、レースは中断することなくなんとか最後までドライコンディションで行われました。ちなみに、レースでは3位~5位争いが白熱。最終的には55号車の草野選手が優勝しました!

続いてはレディースNo1レースの決勝です!
ロータスカップの決勝中に降った小雨の影響もなく、路面はドライコンディションの中で決勝レースが行われました。レースは序盤から総合優勝を争うロードスタークラスのバトルが白熱!
しかし、7周目には1位の関崎選手に2位の山本選手が追突!
最終的には、45号車の加藤選手が総合優勝となりました!

レディースNo1レースの後には、電気自動車によるEVレースの決勝がありましたが、自宅に帰ってMotoGPの決勝を見たかったのでパスしました(笑)

富士チャンピオンレース第3戦の観戦まとめ

今回の富士チャンピオンレースは、天候が悪かったことがあり、本当にお客さんが少なかった(笑)
これにつきます。そのせいもあってか、グランドスタンド裏のショッピングテラスも営業しているお店が少なく、ご飯の選択肢が限られてしまったのが残念です。お客さんが少ない反面、全く並ばずにご飯を買えたのはラッキーでしたが(笑)
雨の富士チャンピオンレースの場合、メインのご飯は入場前に近くのコンビニであらかじめ買っておき、暖かい系のおかずをグランドスタンド裏の売店で買った方がいいかもしれませんね!

一方、レースの方は天候に関係なく、どのクラスも熱いバトルを見る事ができ大満足でした!
入場料の900円でこれだけ快適に面白いレースが見られるなら、文句なしです!
もちろん、帰りの渋滞とも無縁でした。

さて、次回の富士チャンピオンレース第4戦は、8月19日(土)と20日(日)の2日間開催。ブランパンGTアジア併催だし、天気が悪くてもさすがにお客さん多いだろうなぁ~。