TZR50のリアブレーキフルードの確認方法を紹介

ブレーキを正常に機能させるためには、ブレーキフルードが必要不可欠です。
命にもかかわる部分なので定期的に確認しましょう。
それでは作業開始!

リアブレーキフルードの確認方法

リアブレーキフルードの確認を行う時は、シートとサイドカバーを外す必要があります。
管理人TZR50のシートとサイドカウルは社外品のため、手順は割愛させて頂きますね。

シートとサイドカウルを外したら、リアブレーキリザーバタンクを見てUPPERとLOWERの間にオイルがあるか確認するだけです。
リアブレーキリザーバータンク

LOWERレベル以下の場合、ブレーキオイルを補充しましょう。
補充する時、銘柄が異なるブレーキフルードの混合使用をしないよう注意しましょう。
また、勢いよく入れてしまい、エアーが混入したと考えられる場合はエア抜きが必要です。
不安な方は、ブレーキフルードが減ってしまった段階でプロの方に見てもらうほうがいいかもしれませんね!

また、補充してもすぐにLOWERレベル以下になってしまう場合は、どこかでオイルが漏れているかもしれません。
ブレーキは命に関わります。
早急に修理しましょう。

今回の整備で使用した工具

なし!!