TZR50のチェーンの清掃と注油方法を紹介

エンジンの力をリアタイヤに伝える大切な役割を果たしているのがチェーンです。
が、チェーンのメンテナンスがされていないバイクが非常に多いです。
チェーンの油を切らしてしまうと、チェーンやスプロケット(歯車)の磨耗が異常に進み、最悪チェーン切断によるリアタイヤロック、転倒も考えられます。
チェーンメンテナンスといっても、清掃と注油作業だけなのでそれほど難しくありません。
お金もかからないし、簡単なので是非やってみましょう!
ちなみに、リアスタンドを使用すると清掃、注油作業が楽にできます。
サイドスタンドでも十分ですが、リアスタンドを持っていない方は購入をオススメします。

チェーンの清掃と注油方法

まずは、ワコーズ製のチェーンクリーナーとブラシを用意します。
このブラシは、チェーンクリーナーとセットで販売されています。
チェーンクリーナー

チェーンクリーナーをチェーンにスプレーして
チェーンクリーナーをスプレー

付属のブラシで汚れをこすり落とします。
ブラシでこすった部分は、ウェスでふいてあげましょう。
ちなみに、画像の赤丸タイヤ部分にチェーンクリーナーがついています。
これは悪い例で、タイヤに良くありません。
チェーン清掃の時は、チェンクリーナーが掛からないように、タイヤ側をウェスなどで覆っておいた方がいいかもしれませんね!
また、チェーンをブラシでこすると地面に汚れが沢山落ちます。
新聞紙など汚れを受けるものを準備しておきましょう。
タイヤ

白っぽくなっている部分が古いチェーングリス、灰色っぽくなっている部分がチェーン本体の色です。
汚れを綺麗に落としましょう。
チェーンの汚れ

清掃が完了したら、チェーンクリーナーが完全に乾くまで、しばらくバイクを放置します。
チェーン

チェーンクリーナーが完全に乾いたら、ワコーズ製のチェーンガード(チェーンオイル)をスプレーします。
チェーンガード

チェーンガードをスプレーする時、チェーンガードがタイヤとリアブレーキディスクにかからないように注意しましょう。
清掃時と同様にタイヤ側を、ウェス等で覆っておいた方がいいですね。
スプレー

チェーンガードをまんべんなくスプレーしたら作業終了です。
つけ過ぎた場合は、ウェスでふき取って下さい。
チェーンガードをスプレー

チェーンガードがチェーンに馴染むまでしばらく放置しましょう。
時間が経ったらタイヤを回転させ、さらにチェーンガードを馴染ませます。
試乗して問題がなければ作業終了です!!

今回の整備で使用した工具

ワコーズ製のチェーンクリーナー
チェーンクリーナー

ワコーズ製のチェーンガード
チェーンガード

リアスタンド
リアスタンド

ウェス
ウェス