TZR50のミッションオイルの交換方法を紹介

ミッションオイルは、ギアを保護しつつスムーズに稼働させるために必要なオイルです。
交換しないで放置しておくと、最悪ギアが破損してしまいます。
定期的に交換しましょう。それでは作業開始!

ミッションオイルの交換方法

まずはリアスタンドを使用し、バイクを水平にします。
(リアスタンドを使用しなくてもミッションオイル交換できますが、使用した方が楽です。)
TZR50リアスタンド

赤丸部分のネジ(プラスネジ、8mm六角ボルト)を外します。
カウルのねじ位置
カウルのねじ位置
カウルのねじ位置

カウルを外すとこんな感じになります。
カウルを外した状態

次にマフラーを外します。
リアブレーキペダル下にあるマフラー固定ネジを外しましょう。
マフラーのねじ位置

シリンダーのマフラー根元、12mmの六角ボルトを外します。
いやぁ~、マフラーのサビが酷いですね。
さすが20年物です。
マフラーのねじ位置

マフラーを取り外すとこんな感じになります。
ちなみに、画像ではシリンダーにガスケットが残ったままになっています。
マフラーを再度取り付けるとき、新しいものに交換しておきましょう。
マフラーを外した状態

マフラーを外したついでにピストンの状態を見てみましょう。
ピストンはシリンダーの穴を覗き込めば見えます。
ちなみに、私のピストンはこんな感じでした。
傷もなく、かなり良い状態という事がわかりますね!
ピストンをのぞき込む

いよいよミッションオイルを抜きます!
が、その前にオイル受けを用意しておきましょう。
私はペットボトルで代用していますが(笑)
オイル受け

ミッションオイルのドレンボルト(12mm)は、エンジンの下側についています。
このボルトを外せば、ミッションオイルを抜く事ができます。
オイルドレンボルトの位置

オイルを抜いたら、ボルトとエンジン周りを簡単に清掃します。
ウェスにパーツクリーナをしみこませ、軽くふく程度でいいでしょう。
ドレンボルトに新しいガスケットを付け、ボルトをトルクレンチで締めこみます。
ドレンボルトの指定トルクは2kg・mです。

後はオイルを補充するだけです。
ミッション部のオイルプラグを外します。
ミッションオイルのプラグ

ミッションオイルを注入します。
この時、ジョーロを使って入れると入れやすいですね。
ジョーロ

ちなみに、ミッションオイルはメーカー指定のヤマハギヤオイルを700ml入れます。
ヤマハギヤオイル

あとは、マフラーとカウルを元通りに組付けるだけです。
マフラーを組付ける時は、ガスケット2枚を新品に交換しておきましょう。
マフラーのガスケットは、メーカー純正品が販売終了(2016年6月現在)のため社外品しかありません。
キタコから発売されているパッキンセットを使用すると便利です。
また、マフラーの締付指定トルクは1.8kg・mです。
キタコのパッキンセット

組み付けがすべて終われば作業終了です!!
お疲れさまでした。
早速試乗して漏れがないか確認してみましょう。

今回の整備で交換したもの

ドレンボルトガスケット(ヤマハの部品品番:90430-12038)
ガスケット

ヤマハギヤオイル(ヤマハの部品品番:9079336101)
ヤマハギヤオイル

マフラーのガスケット(キタコパッキンセット)
キタコの部品品番:960-0040050
キタコのパッキンセット

今回の整備で使用した工具

プラスドライバー
プラスドライバー

ソケットレンチセット(8mmと12mmを使用)
ソケットレンチセット

ジョーロ
ジョーロ

計量カップ
計量カップ

リアスタンド
リアスタンド

トルクレンチ
トルクレンチ

ウェス
ウェス

エクステンションバー30cm(マフラーの取外し、取付けに使用)
エクステンションバー30cm